プロフィール

BLESS

Author:BLESS
名前はBLESS以外に忍とか、しーたんとか…(笑
■定時制(夜間高校)学生 4年生で20歳になりました★
■北海道在住 目指せ北海道脱出
■SeanBeanとかViggoMortensenとか好きvvとくに英国産俳優は特別好き(ぇ
■最近見た映画:マスコマ・ドグマ・コープスブライド・リンダリンダリンダ
■最近読んだ本:シャープシリーズ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログペット

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
リベリオン-反逆者-
製作年度 2002年
製作国 アメリカ
監督 カート・ウィマー
音楽 クラウス・バデルト
出演
クリスチャン・ベール
エミリー・ワトソン
テイ・ディグス
アンガス・マクファー
ショーン・ビーン


やふーより
第3次世界大戦後、生き残った指導者たちは戦争勃発の要因となる人間のあらゆる感情を抑止させるべく、精神に作用する薬プロジウムを開発。これを国民に毎日投薬することを義務づけ、徹底した管理国家体制を敷いた。反乱者は、クラリック(聖職者)の称号を持つプレストンを中心とした警察に厳しく処罰される。銃を用いた武道ガン=カタの達人でもあるプレストンは、冷徹に任務を遂行する非情の殺人マシンだった。だがある日、誤ってプロジウムの瓶を割ってしまった彼は、仕方なく薬を投与しないまま仕事を続けてしまう…。


私の個人的な意見としましては(それ以外にあるのかとか聞かないでw)
見る前からB級なかほりプンプン…実際、マトリックスの二番煎じ的に感じました。まあ救世主って感じではないんだけど、なんか…こう…似てるのよねー…
まあそれぬきにしても、ガン=カタはかっこいいとおもうのだけど。
プレストンが抜きん出て強いから、爽快かも。ストーリーよりアクション中心にみるのが、いいなーと思った。
アメリカ映画とかにありがちなラブシーンはありません。ちょっとふれあいくらいはあるけど(ヒロイン?すぐ死ぬし)。それがうち的には好感もてた。
しかしこのプレストン、この数年前にも奥さんを「感情違反者」だとわからなくて、さらに相棒のパートリッジも「感情違反者」だと何年も気付けなくて、自分の子供もプロジウム打ってないってわからないという…えっと………まぬけ?wwww
ショーンファンとして見たので、最初のパートリッジとのやりとりが凄い好きなんですが…
ちょっと前の自分の日記から抜粋

エロル・パートリッジにメロメロです…車の中でプレストンの言葉に対して「Does?(字幕では「そうか?」となってました)」と答えるところが!!もーいとしいしとだわああああ!!
んーと会話はこんな感じだった…
車の中で…
プレストン「あの廃墟を見ると任務の大切さを痛感する」
(ここで感情抑制剤(プロジウム)を打つ時間が…)
パートリッジ「そうか?」(注射器を用意しながら/後からみるとパトはプロジウムを注射器に装着してないのよねー)
プレストン「…なんだって?」
パートリッジ「…同感だ」
プレストン「…」

何気にテンション高いな自分……_| ̄|○
プレストンはここでパートリッジが感情違反者だって疑いを持つわけですが、きっとパートリッジはわざとそうしたんだろうなーと。
てか、あの制服ほんといい。真っ黒できっちり上まで閉じてて。ショーン好きなひとはそれだけでも見る価値あるかとおもう。
残念ながら、序盤ですぐ死んでしまうのと(教会のシーンもいいんだよねー)、ガン=カタはしてないですが。
子犬にキュー-------ンvvvとしてしまうプレストン面白いです。無表情だけど。
ガン=カタと最後のプレストンの刀のアクションは普通にかっこいいとおもう。
スポンサーサイト


映画 | 【2005-12-03(Sat) 21:59:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する